好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

仙台での事故。

仙台で起こった、飲酒運転者が起こした死亡事故ですが、今日の朝日新聞の朝刊に亡くなられた高校生の名前と顔写真が掲載されてました。しかし、犯人のほうの顔写真は掲載されていませんでした。

これってなぜなんでしょう。

個人情報保護法とかの理由で、犯罪を起こした方を保護しても、死んでしまったらもう個人情報保護法は関係ないのでしょうか。

ああいう、新聞に名前や写真が掲載されるのって、親や、家族の許可がなくてもできるのでしょうか。また写真はどこから手に入れるのでしょう。まさか、学校が提供するとは思えない。でも掲載されていた写真はいかにも学校で撮ったような写真でした。

もし、ぼくが亡くなられた家族の立場なら絶対写真なんてのせてほしくない。もちろん、名前も出してほしくない。でも、報道という立場ではなんの許可もなく掲載してもいいものなんでしょうか。それは許されていることなんでしょうか。どこかにこのような時の取り決めとかはあるのでしょうか。でも、もし家族の同意や許可がなくても掲載することができるのであれば個人情報保護法ってのは一体何のためにあるのでしょうか。2ちゃんねると変わらないじゃないか。

それにしてもまだ、酒を飲んでも車の運転をするやつがいるなんて全く信じられません。もしもなにか事が起こってしまって自分だけが死んでしまうのならいいでしょう。しかし、今回のように人は死んでしまっても自分は生きている。これは、どちらの立場になっても最悪です。

飲酒運転に関して法律が変わってからはほとんどの人が飲んだら運転はしなくなりました。また、運転している人には酒を勧めなくもなりました。でも、全員ではありません。実際、ぼくも関係なしに車で飲みにって運転して帰ってる人を見たことがあります。車で来たから飲まないのだろうと思ってたら何の疑問もなく飲んでいる人もいました。そんな人とはほんとにぼくは付き合いをやめました。

その時はぼくも車で行っていたのですが、最初から飲む気はなかったのですが、他の人たちからはなぜ飲まないかと言われました。ぼくはその人たちの人格を疑いましたね。今でも付き合いをやめて良かったと思っています。

ああいう事故を起こしたやつは厳罰にするべきです。名前も顔も住所も公開するべきです。世間から冷たい目で見られればいいのです。でないと、同じことはまた起こります。あんな奴にひき殺された人たちの家族や親族や、友人たちはどれだけ悲しくてどれだけくやしくてどれだけ怒りが溜まるでしょうか。それだけじゃなく、それ以降の生活が成り立たなくなってしまうでしょう。

これは、JRの事故も同じようなことが言えるかもしれませんが、今の時代、個人はなんらかの影響を他人に及ぼすことがあるのだということをしっかりわきまえなければいけないのではないでしょうか。
[PR]
by covaemon | 2005-05-23 21:52 | ひとりごと | Comments(0)