好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

円山応挙展/承天閣美術館と阿弥陀寺

京都は冬に限ると思っております。
確かに寒いです。大阪とは絶対に気温が違います。
だけど、京都は冬がいいのです。寒いからいいのです。
根拠はありません。ぼくが勝手に思っているだけです。

てなことで、相国寺にある承天閣美術館で行わている円山応挙展に行ってきました。
考えてみれば今までに円山応挙の展覧会って行ったことがあるかなと思い出そうとしたのですが、どうも行った記憶がない。多分、応挙単独の展覧会には一度も行ったことがないのでしょうね。作品は何度も見ていると思います。

例によって靴を脱いで入るのですが、いつもより靴が多い。それだけお客さんが入っているのでしょう。いっぱいなのかなと思いましたが、そうでもなかったです。ゆっくりと見れました。

応挙ってあんまり派手さはないですよね。そこがいいところではあるのですが、なんか地味やなあって思ってしまいます。しかし、魚や鳥や虫などのスケッチ。さすがに上手いというか綺麗。そのまま図鑑に使えそうでした。

その後は阿弥陀寺へ。
ここは織田信長の廟所があるところなんですよね。
前から一度来たかったのですが、普段は公開していないんですよね。今回も12年ぶりの公開だとか。
最初に本堂に入ってお寺の説明や、なぜここに信長の廟所があるのかとお話。ぼくは基本的にそういうお話は好きではないのですが、聞いててなかなかおもしろかったです。
しかし、石油ストーブが何台かありましたが、ほんまに寒かったです。

信長の像は思ったよりも小さかったです。
少しだけ展示物があったのですがその中に松永久秀の書状がありました。これにはちょっと興奮。字はかなり荒々しかったですね。

外に出てから信長の廟所へ。やっとここに来たって感じです。後は伊達政宗の廟所へ行ければもう思い残すことはないかも。

いやいやほんまに寒かったです。京阪三条から一気に大阪に戻ってきてお好み焼きで暖まりました。でも、結局ビール飲むのでまた寒くなるんですけどね。

寒い京都、みなさんも是非。
[PR]
by covaemon | 2014-02-20 16:39 | アート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/22102228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。