好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

スター・トレック イントゥ・ダークネス/3D

久しぶりの映画館。スター・トレック イントゥ・ダークネス/3D。
3Dだから観に行こうかと思ったんですよね。
もちろんスター・トレックはTVシリーズから観てきましたし、数本の映画も劇場で観ました。
でも、現在のシリーズはまだ見ていない。だからどうなっているのかさっぱりわからないって状態で行ったのです。

今回は今なにかと話題の、カンバーバッチって人がほとんど主役。
老若問わず女性からは絶大な人気のようでありますね。

さてその人の役名「ジョン・ハリソン」
ん?ジョン・レノンとジョージ・ハリソンを組み合わせたのか。
どっちももう死んでるやん。って思っていたら本名が明かされた時にはあっと驚きましたよ。
まあなんというかこれで全ては納得というか、ああそういうことをやりたかったのねって感じです。

で、このカンバーバッチって人。すっごく姿勢がいいんですよね。立ち姿も座ってる姿も背筋が伸びてる。
日本に来た時に浴衣着た姿があったのですが、みょうに似合ってると思ったのはそんなのが原因だったのでしょう。

それはともかく、登場人物はおなじみの名前ばっかり。
カークの顔はなんかのっぺりしてましたね。スポックはうーん。ただね声は「2001年宇宙の旅」のHALの声にそっくりに聞こえたんですよね。ちょっとエコーがかかっていてね。

宇宙船の中の感じは2001年とかスター・ウォーズとかどっかで見たことあるかもって思えるのがありましたが、まあそれもええかと。監督はスター・ウォーズの次回作の監督もやるそうですからね。そうそう、冒頭でウフーラが赤いスーツ着てたので思わずエヴァンゲリオンかよって思ってしまいましたね。

2時間以上の映画でしたけど、飽きることもなく、突っ込みどころ満載で面白かったですね。
ただし、劇場のイスはよかったのですが、思ったよりもスクリーンが小さかったし音響もどってことなかった。3Dもこんなもんなの?って感じであんまり迫力はなかったように思ったんです。あれなら2Dでいいかなともね。

それと字幕。文字はもちろん綺麗に読むことができました。でも、ところどころなんかセリフと違うような感じがあったんですよね。当然、英語のセリフを全部理解できるわけではありませんが、何度か?ってとこがありました。

とはいうものの、スタートレックファンはほとんどの人が満足するだろうなって内容であることは間違いないですね。


【追記】
IMAX3Dで観てきた。やっぱりでかい画面と大音響は必須である。
3Dの迫力も全く違った。画面もくっきり。
役者の肌の質感もバッチリだった。カークの鼻はカサカサであった。
[PR]
by covaemon | 2013-09-03 14:21 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/20944063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。