好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

4.5TB

b0057987_23521011.jpg

やっとのことでFW800の外付けHDDを購入したのです。
これで、mini内臓が500GB。USB2.0が2TB。そして、FW800が2TB。合計で4.5TB。
USBはTime Machine専用にして。FW800は写真データやDVDのバックやらデータ用。
これだけあればしばらくは大丈夫だろうって感じですね。

で、USB20.とFW800はどれだけ転送スピードに差があるのかですよね。ぼくは今までFW400のHDDは使った事があったのですが、FW800は初めてだったのです。

約5GBのフォルダの転送時間を計ってみました。
まず、USB2.0。
b0057987_23563923.jpg

今までも遅いとは思ってなかったのです。なんといってもmini本体のHDDは5400の低速でしたから。

そして、FW800。
b0057987_23595738.jpg

おっと!半分以下の時間じゃないですか。もっとでかいファイルだとどれだけの差になってくるんでしょうね。
miniのHDDが7200ならもっと短縮されたでしょうね。

同じ2TBでもUSB2.0なら今はお安くなってます。そして今はUSB3.0のも出てますが、残念ながらminiには3.0は対応してないんですよね。
もうこれからはFW対応の外付けはほとんど出てこないでしょう。これからはThunderboltの時代でしょうか。チェーン接続できるのもFWといっしょで便利だしね。でもまだまだ高価なんですよねえ。

外付けHDDは幾つあっても便利です。まあ、電源がいっぱい必要なのでそこは不便と言えば不便ですけどね。Macは内臓HDDを気楽に触れる機種が少ないですからね。そこはちょっと困るところ。

さて、来週はいよいよ「新しいiPhone」の発表とのこと。ぼくは多分スルーすると思いますが、どんなのが出てくるのかとっても楽しみです。
[PR]
by covaemon | 2012-09-09 00:09 | コンピュータ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/18956016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。