好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

写真はおもしろい!? 12

さて、入社して3ヶ月ほどして、写真のことも少しはわかってきて、35ミリカメラは使えるようになってきた。写真屋なんだから、いる社員はみんなそこそこカメラが好きでいいのをもっているようだ。だから、ぼくにも買えと言われた。

そうりゃそうだな。写真の仕事をやっていていくら写真といえどもカメラを持っていないというのはどうしようもない。それに前回書いたように写真というものがおもしろいと感じ始めた頃だったので買おうと決心した。

ただし、あんまり手持ちはない。だから家に入れる分をちょっと我慢してもらってなんとか捻出した。僕自身は安いカメラでもいいと思っていたのだが、みんなが仕事で使えないようなカメラを写真屋が持ってはいけない。というものだから、金額はだんだん上がってくる。

その当時は、ニコンからF3がでてまもなくなったので、思い切ってそれを買おうかと思ったのだが、これもみんなから反対意見がいっぱい出た。あれは、電子シャッターだからいかんとか、でたばっかりの機種は初期不要があるからやめとけ、とか。

みんなが反対したのはぼくのようなど素人が最新のカメラを持つことに腹がたっただけじゃないかと思っている。まあ、わからんことはないけどね。

で、F3の前の機種のF2がいいとみんな言うのでそれにしようかと思ったのだが、そのF2はもう製造中止になっていてもう店にはないのだった。だから、いろいろみんなが知り合いのカメラ屋産とかに声を掛けてくれて聞いてもらったりしたのだが、どこにもない。

仕事で使ってる人たちはF3の電子シャッターというのがどうも気に入らなかったらしく、メカニカルシャッターのF2を急いで買ったそうだ。やはり、今も昔もこだわりというのはどこにでもあるみたいだ。

だからもうあきらめかけていたところに、なんと地元の小さなカメラ屋にそのF2が置いてあった。新品で。会社の人たちに言うと即買えということだった。誰も反対しなかった。

始めたかった一眼レフカメラがニコンF2という、今にしてみればド素人がなんという贅沢をするのだといわれそうなところだが、その当時はあんまりわかってなかったのでみんなに羨ましがられていたがそんなにうれしくも無かった。それより、それ以降の金欠のことを考えるとものすごく憂鬱になったものだった。

会社にあるニコマートに比べるともっと重たくて大きかった。懸案のファインダー視野率は100%だ。はっきり言ってこれがこのカメラを買った最大の理由だろう。

それともう一つ気に入ったのはシャッターの音。ニコマートのあのギロチンといわれるシャキーンなんて音に比べると実にシャッターを切るのが楽しくなるような音をさせているのだ。だからフィルムを入れずによくシャッターを切っていたものだった。

さて、次回は自分でどんな写真を撮り始めたかなんて話をしようかな。
[PR]
by covaemon | 2005-01-14 13:38 | 写真 | Comments(3)
Commented by gdesigner at 2005-01-14 19:51
カメラか〜。撮ることはそこそこ好きだけど、メカのことはさっぱりわかりません(笑)専門学校の時に、一応写真の授業もあったので、一眼レフを買わされたけど、それ以降はほとんど使うこともなかったな〜。何年か前にちょっと使おうと思ったら、何かが壊れてました。(何が壊れたかは忘れた)あのカメラは今どうしているんだろう。(いや、家のどこかにあるとは思うけれど 笑)
Commented by hanako_princess at 2005-01-17 10:32
自分のお金でカメラ買うんだから周りの人もそんなにいろいろ言わなくてもって思ってしまいましたけど写真の旅続き楽しみにしてますね~。
Commented by hoq2 at 2005-01-18 16:38
私もカメラマンをやっていて、自分の写真への思いを振り返って書き連ね始めました。スタジオ系、しかも写真館という世界は自分にはほとんど縁がなく大変興味深いです。続きを楽しみにしています。