好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

黄砂に降参。

ほんとに申し訳ございません。
もうこういうタイトルしか思いつきませんでした。ほとんどデーブも使わないような感じですね。

この連休、遠出する予定はなかったのですが、久し振りにMTBに乗ってみようかなとか、ちょっと長い目の散歩に行こうかななんて思っていたのです。しかし、連日の黄砂の襲来。もう無理です。ほとんど引きこもっておりました。

何度か友人と晩飯を食べに行ったなんてのはあったのですが、そういうのも当然、インドア。良い季節になってきたのに、ほんとに勿体ないですよね。

でもです。この黄砂。かなり不安。どんな物質が飛来しているのか。ほんとに砂だけなのであれば、かなんなあってだけでいいと思うのですが、そうでもないようですよね。

まあね、日本も公然と放射能をまき散らしてるし、空気中だけやなく、海洋にもまき散らしている。これはほんまに大問題。

ぼくは基本的には原子力発電は反対です。
だから、関西地方は節電なんて必要ないって事らしいですが、節電したらどうでしょうか。公共施設も照明や空調の使用を減らす。もちろん、各家庭も使用量の削減に努力する。

そうすると、原子力発電所がなくても停電しなくてもいいぐらいの使用量にならないでしょうか。そうは上手くはいかないでしょうか。少なくとも、これ以上原子力発電所を増やすなんて事はなくなるであろうし、現在稼働中のものも休止に追い込めるかもしれない。

とにかくこれでやっと、原子力発電所ってのは怖いものであるってのが理解できたと思うのです。やっぱりあんなのあるよりはないほうがいい。そう思った人は多いのではないでしょうか。

それに、行政や政府なんて信用できないし、なんかしてくれるとも思えない。また、事故が起こっても起こってからどうしようか考えてるようでは、危機管理能力があるとは到底思えない。

これから日本はどうなるのかな。簡単に「今こそ一つになるとき」とか、「日本は強い国」なんて言うてるけど、言うのは簡単やろうけど、復興ってのはそう簡単には行かないでしょう。

ただ、国は強くないかもしれないけど、日本人各個人は強いかもしれない。だから、行政や政府なんかあてにしてないで、なんとかするしかないのかもしれない。それにそのほうが復興は早いかもしれないし。
[PR]
by covaemon | 2011-05-06 00:09 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/15452145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。