好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

「死ねばいいのに」/京極夏彦

初めての京極作品であります。
しかし、まさかこの人のを読むとは夢にも思わなかったのでありますが、iPhoneで読めるってことになってたのですよね。価格も700円。
なら、まあ初めてのことだし、ご祝儀と言ってしまえば京極さんには失礼ですが、買ってみようかと。

PVなるものまでついてます。動画です。といってもたいしたことありません。ただ、一言「死ねばいいのに」とご本人が言ってるのです。一部熱烈なファンからは、自分だけに言って欲しいなどとの意見もあるようですが・・・

で、肝心の中身なのでありますが、まあなんというか、よくわからんのであります。
京極さんの作品の傾向ってのも全く知識がないものですから。ただ、登場人物が少ないので理解はしやすい。しかしなあ、変な本です。あ、データか。いや、作品ですよね。

とまあ、作品とは関係ないですが、

「死ねばいいのに」

と、言いたい奴は世の中にいっぱいいますよね!
[PR]
by covaemon | 2010-06-18 10:37 | 書き物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/13473650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とと at 2010-06-19 20:36 x
akkoが京極夏彦のファンで、この本も読みたいって言ってました。
わたしは、「うぶめのなつ」と「もうりょうのはこ」(変換が面倒なので、平仮名ですみません)しか読んでませんが、この2冊はとても面白いです。人によると京極作品は、この2冊を読めばOKとのことです(笑)。

ただし、どちらもかなりな分量ですので、まとまった時間が取れそうだったらお薦めします。
Commented by covaemon at 2010-06-20 15:33
いやあ、さすがととさんのDNAを受け次ぐ、akkoさん。さすがですね。将来有望ですよねえ(なんのやねん)。
京極さんの本は分厚すぎですよね。さすがに、もって歩くのは辛い。他の作品もiPhoneで読めるよう期待です。