好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

三脚を使うということ。

金曜日のことです。通勤の時、でっかいカートを引っ張って、肩にジッツォのカーボン三脚をかけて、颯爽と歩いていた20代後半か30代前半の女性。
おもわず、「カッコイイ」と叫んでしまいそうになりました。

ま、それはともかく、花の接写をするのにはやっぱり三脚使わないとってことです。
いちお、ぼくもジッツォは持ってるのですが、重いのです。カーボンじゃないから。だからほとんどどこにも持って行きません。家の敷地内から外に出したのはいつのことであったでしょうか。

ま、それはさておき、三脚使うとぶれの心配をしなくていい。そして絞ることが出来る。ただ、シャッタースピードが落ちるので、被写体ぶれには気をつけないとですが。

b0057987_20425779.jpg

b0057987_20431059.jpg

絞りは16ですね。でもここまでよるとどれだけ絞ってもそんなに違わないですね。
それより、MFにするので、ピントがあやしいです。今のデジタル一眼はファインダーがよくない。
昔使ってたF2やF3は見やすかった。特に私の使っているソニーのはファインダーの評判がよくない。実際見にくいですね。AFでは当然問題ないですが。

しかし、この古いミノルタの50mmマクロは気に入ってます。円形絞りのタイプではないけど、マクロプラナーには及ばないけど、マイクロニッコールよりはいい感じかなって思ってます。
[PR]
by covaemon | 2010-03-14 20:49 | 写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/12990488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。