好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

これはなかなか。

HVにエンジン類似音を義務化へ 国交省「静かすぎて危険」

その日の気分で、フェラーリや、ポルシェの音を選べればおもしろいぞ。
今日はなんか気分が乗らないから、軽の音にしようとか、粋がってるときはアメ車のビッグV8とかね。

なんてのは、全く思わない。
というか、なんでこういう発想になるのかが全く理解できない。
それも視覚障害者が音が聞こえないと危ないと言っている。

たしかに危ないだろう。危ないのは車ではなくて、それを運転している奴だ。
昨日テレビでわざわざ、商店街の中を走って、エンジンの音が聞こえないから誰もよけてくれないなんて言ってたが、どうしてそういう放送をするのか。だいたい、どこにでも車が入ってくるって事がおかしいと誰も思わないのであろうか。

また、警察と視覚障害者がどれぐらいHV車は聞こえないかなんてことをやっていて、その代表と思われる人が、これじゃ危なくて歩けない。我々は音だけが頼りだなんて言ってた。

じゃ、なぜ、車に音を出すなんてばかな考えでなく、人間の安全を考えようとしないのか。
障害者も「オレは障害者だ。もしオレを轢いたら大変なことになるぞ」なんて言えないのか。
もっと、車は遠慮して走れとどうして言えないのか。いつまで車が偉いという社会を続けるのか。

昨日の報道では、ぼくのような意見は出ていなかった。ニュースの中なので時間的な余裕がなかったのか、あっても抹殺したのか、そもそもこんな意見はないのか、それはわからない。

義務化には2年ほどかかるらしい。その間の期間は不安だ。長すぎるなんて言っていたが、こういうのも全く理解できない。障害者も歩いているってことをなぜ言えないのか。

HV車に乗ってる人たちはエコに関心があって、車社会の向上を思って高い車を買っているなんて思っていたが、近頃は、税金が安くなったり車自体の価格も安くなってきたので、ケチな奴らがHV車に乗り換えるなんて事になってるようだ。

ということは、何も考えずに金の事だけ考えてHV車を買って「オレは節約してるんだ」なんてほざいてるんだな。
当然、「オラオラ、HV車が通るぞ、どかんかい」って事になっているのだろう。
まあ日本の車社会なんてそんなもんだ。

これからは止まっている車も音を出さなければいけないことになるかもしれないな。
[PR]
by covaemon | 2009-10-16 09:19 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/12140096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by serena at 2009-10-17 06:04 x
背景の事情も知らずの発言、お許しを。
でも、言わんとするところは感じます。車社会とは「スズメの子そこのけそこのけ車が通る」ってところを指摘されているのでしょう?
車のエンジン音より運転者の注意の方が大切ですね。
たとえどんな事情があれ歩行者優先ってことは日本では通じないのですか?
Commented by covaemon at 2009-10-17 10:55
serenaさん。
難しい問題だと思ってます。障害者の方々もぼくと同じように、車が気を付けるべきとお考えだと思います。しかし、今の日本の車社会はそれを出来る環境ではないでしょう。なぜか日本人は車に乗ると自分が偉くなったように感じてしまうのです。それはぼく自身もそうかもしれません。ですから、障害者達が無事に道路を歩くにはこういう方向しかないのでしょうね。道路も完璧に車道と歩道に別れていればいいのですが、それも今となってはどうしようもないところにきてます。
政権が変わってこういう所の意識改革をしてくれればいいのですが、無理でしょうねえ。