好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

写真はおもしろい!? 9

さて、いよいよ4×5のフィルムを扱う時が来た。
シートフィルムというんだそうだが、なるほどなと思いながら、
撮影済みのもの触ってみたのだが、これぐらいの大きなフィルムに
像がでていると、なかなかきれいだなあとおもった。

ただ、カラーのネガフィルムは気持ち悪いと言うのが最初の印象。
どうしても色が逆になるので、女性の笑ってる顔はちょっと無気味。
モノクロはそんな印象は受けなかった。

フィルムは暗室でシートフィルムホルダーに装填しなければならない。
暗室だから当然、真っ暗。何をするのも手探り。大の男が言うのも
なんだが、ぼくはちょっとばかり閉所恐怖症かもしれないと思ってる。
また、暗いところも嫌いなのだ。小さなエレベータなんて早く
降りたくてイライラするし、もし電気が消えたらとか思うと恐怖で
冷や汗が出てきます。

さてさて、肝心のフィルムの装填だが、そんなに難しいものとは
感じなかった。まあ、裏と表を間違えると大変だけども普通に
やれば間違えることはあり得ないし、とにかく暗室から早く
でていので、作業を早く終わらせる事しか考えなかった。

カラーは4×5までだけど、モノクロは密着なので八切りとか
8×10のフイルムを使う。八切りまではいいのだが、8×10
となると、ちょっとやっかい。それは、手が届かないのだ。
ぼくは、身長は170ぐらいなのだが、手はどうしたわけか、
普通より小さい。特に指が短い。だから、最初はフィルムを折って
しまったりしたこともあった。まあ、練習用だったからよかったが、
折らないように装填できるようになるかなとちょっと不安になった。

次回は、初めて結婚式の撮影を見学した時の感想からはじめたい。
[PR]
by covaemon | 2004-11-28 21:43 | 写真 | Comments(0)