好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

シルバーウイーク、その一。

さて、この五連休。みなさん有意義に過ごされたでしょうか。
ぼくは、いつになくアクティブな連休でございました。
明日からの仕事が辛いです。できればもう一日休みがあれば・・・

初日の19日。
奈良へ向かいました。
最初の目的地は大和文華館。
近鉄奈良線の学園前から歩いて10分ほど。静かなところにあります。
絵巻や色紙にきらびやかな絵が美しい。
なかには国宝もあって雅な雰囲気に酔いしれました。

ちなみにこの大和文華館は来週から一年間改装工事のために閉館になってしまうのです。だからぜひ行っておきたかったのです。今から20年以上前に一度行ったことがあったのですが、全く変わっていませんでした。開場とほぼ同時に入館したので、人が少なく快適に過ごすことができました。
また、閉館のためか、普段販売しているポストカードを無料でいただけるってことで連れがよろこんで貰ってました。

そうそう、外には奈良ホテルにあったラウンジ棟が移築されているのですが、この設計者は辰野金吾なんですよね。残念ながら中には入れませんでしたが、入り口上方には素敵なステンドグラスがありました。建物の雰囲気は禅寺の食堂って雰囲気でしたね。

大和文華館の中に「中野美術館」のポスターがあって、今の展示品を連れが知ってるし、好きな作者だってことで行ってみることにしました。大和文華館からは100mほどしか離れていなかったのです。小さな建物ですが、比較的新しいもののようでした。
銅版画で背景が真っ黒の中に静物が浮きあがっている。無機質なんだけど存在感のあるかっこいい作品でした。ああいうの一つほしいなあと思ったし、作れればいいなあとも思いましたね。

学園前の駅に戻ってくると時間はすでにお昼。ランチタイムです。
5月の連休の時に入ったおそば屋さんを目指しました。ここはチェーン店なのですが、その割にはおいしいのですよね。

この日のもう一つの目的地、奈良県立美術館。浮世絵展をやってるのでした。
いっぱいかなと思ったのですが、全くの拍子抜けでがらがら状態。
北斎、広重などの風景が中心です。状態のいいものとちょっと色がくすんでいるものがありましたが、テレビや本でしか見たことがなかったものが見れて嬉しかったですねえ。

ただ、途中からでかい声のばばあとその息子と思われる奴らが現れて不快な気分。
これだけ空いてるのだからちょっと考えて行動できないのか。ばかは仕方ないのか。
どこかの美術館での文句を延々喋ってる。つまり今ここの展示には全く関係ない会話。
むかつくこと極まりない。こんな奴らに悪態ついても仕方ないので、ソファに座ってそいつらを先に行かしました。

十分ゆっくり見た後は、カフェでコーヒーとデザート。いっぱい絵を見てあらゆる意味でお腹いっぱいになった一日でした。

次の日の20日。
神戸の王子動物園へ。
当然、目的はパンダ。
しかし、この日はなぜか人がいっぱい。パンダ舎の前には行列ができていたのです。それに外に出てなくて写真も撮れない。後にしようと言うことでぐるっと一周。
しかし、王子動物園でこんなにいっぱいの人は初めて見ました。この日は日差しが強くて風も強い。ちょっと砂埃もあって鼻がむずむず。

ベンチでランチ食って昼からパンダ舎に行ってみるともう行列はなくなってました。でも、パンダは部屋の中。見たことは見たけどちょっと残念。だから写真もなし。
きつい日差しでちょっと日焼けもした一日でした。

21日は朝からさすがに体がだるかったですね。
部屋の掃除とシーツとか洗濯して、昼飯食ったらいつのまにか熟睡。シエスタしてしまいました。この日は家から全く外に出なかったですね。

その二に続きます。
[PR]
by covaemon | 2009-09-23 18:33 | アート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/11990814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。