好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

さて、これから新型インフルはどうなるんだろ。

こっち関西地方はかなりの状況という報道です。
ぼくの職場の近くにあるでっかい病院では発熱外来の指定になったらしく、外にテントはってました。
そして、普段は3ヶ所ある出入口を1ヶ所に制限してそこからは、マスクした人が入る人に「マスクしてくださーい」と叫びながら、消毒液を手にかけられて、サーモグラフィーの前を通ってから病院内に入れるのです。初めてサーモグラフィを体験しました。もちろん、ぼくは普通に通過。今のところ大丈夫なようです。

で、病院の中はガラガラ。いつもだと外来の人やお見舞いの人たちで一杯なのですが、行列を作る人も少なく、待合のイスも空きがいっぱい。たぶん、この病院の中が一番安全なのでしょうね。

とはいえ、ほんとにこんなに厳重にしなければいけないのでしょうか。
ぼく個人としてはこの厳戒態勢には賛成してます。やっぱり不安ですからね。とはいえ、昔々のオイルショックのときにトイレットペーパーに行列が出来たように、マスクを買う人たちが行列を作ってるのには正直あきれてしまいます。

それに、感染者数は毎年のインフルエンザよりも少ない。ま、予防注射や免疫がないってところで不安がおおいのでしょうけど。今、マスクしてる人の数は通勤の時間の電車の中では冬よりも、花粉の時期よりも多い。

まさか、マスク業界の陰謀なんてことは・・・いくらなんでもない・・・と信じたい。
[PR]
by covaemon | 2009-05-20 11:22 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/11017073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。