好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

CDとDVD。

連休前の事です。
職場のボスが、お客さんのところでDVDが開かないと言って持って帰ってきました。
ボスのノートパソでは開く事はできました。ということは、お客さんとこのはDVDドライブじゃないのか。

まあ、それはいいとして、データをCDに入れ替えてくれと言われたのです。
ぼくは、「ないとは思いますが、一つのデータが1GBとかあったらどうします?」って聞いたのですが、ボスにはその意味がわからなかったようです。へーんな顔してぼくのほうを見ていました。まあへーんな顔は以前からなんですが(もち、ここだけの話)

で、DVDとCDにどれぐらいのデータが入るかを説明すると、ほんまに、へえーって感じなんですよね。今度はこっちがへえーってなりそうです。そんな事はコンピュータ触ってる人にはわかりきってる事と思っていたのです。

でもお客さんもそうですが、四捨五入すると60かって人たちには無理なんでしょうか。で、ぼくも思いついたのです。CDとDVDはディスク自体のサイズは一緒。昔のレコードのように、EPとLPじゃディスクそのもののサイズが違うから入る時間も違うの当然のように理解できる。

しかし、ディスクのサイズが同じなのに、なんで入る容量が違ってくるのか。そりゃあ知らないですよね。
データ形式がどうのこうのってことはぼくも説明はできません。だから容量が違うのだという事をただ、理解するしかないのです。

で、当然のごとく複数枚のCDに入れ替える事になるのですが、そこでまったがかかりました。当然、お客さんも複数枚になるなんて考えてない事ですし、なんで複数になったという説明もあやふやになってしまう。

ではどうすんねんってことなんですが、USBメモリか、SDカードを使ったらどうですかって言うと、これまたへえーって顔で、なるほどその手があったかなんて驚いてました。

そんなに驚かれても困るのですがね。
連休明けにUSBメモリを渡されてこれに入れといてってことでした。

で、ここからが大変。DVDにはMACのデータが入っていたのですが、職場のG4にUSBメモリを突き刺すと、USB1.1としか認識しない。だから4GB弱のデータが2時間以上かかってしまいました。まあ、じーと見てるわけじゃないので別に困らないのですが、なぜUSB2.0と認識しないのか。私の知識ではわかりません。

おまけに、複数枚でいいからCDも焼いといてってことでこれまたG4で焼くのですが、遅い!
ドライブが遅いのです。なんと8倍速しか出ません。今時こんなの過去の遺物ですよね。動いてるだけで骨董品ですわ。

今時データ移動だけでこんなに時間を使うとは、贅沢というか優雅というか、どんくさいと言うか。ああ・・・
[PR]
by covaemon | 2009-05-08 14:09 | コンピュータ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/10905523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。