好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

写真はおもしろい!? 5

さて、いよいよ初出勤の日がやってきた。
もちろん、就職ってものが初体験なので、不安でいっぱいであったのは確かだ。
とりあえず、はじめはキチンとしておかないいけないと思ったので、なれない
スーツを着て行った。もっとも、就職が決まって母親が、プレゼントに買って
くれたものなので、着て行かない訳にはいかなかったのだが。

10時に来るようにと言われていたので、それより少し前に会社に
到着した。店に入るとネクタイを締めた人が掃除をしていた。その人は
僕を見て「いらっしゃいませ」と言った。そうか、ここは店だから
客と思われたのだ。

名前を告げると面接の時に会った受付の人が出てきて、しばらく
座って待っているようにと言われたので、ぼーとしていると、
面接で会った社長が来て、いきなり「この前とは服装が違うねえ」
みたいなことを言われたように思う。それに、ぼくはどう受け答えしたか
は覚えていない。

まず、そのビルの一番上の4階に行ってロッカーを割り当てられて、
荷物をおいて、作業場である3階に行き、みんなに紹介された。
みんな男で残念なgら女性はいなかった。人数が少ないなと思った
のだが、他の人たちはホテルの店に直接出勤しているので、これで
全員ではないと言うことだった。

2階はスタジオだった。なんか見たことも無い大きなカメラと
おぼしきものが、置いてあって、これまたストロボとおぼしき、
大きな物が沢山置いてあった。

ひととおり、説明を受けたのだが、全く解らなかった。まあ、
そのうち解るようになると言ってくれた。そして、また1階に
降りて、タイムカードや勤務時間などの事務的な説明を聞いた。

いよいよ、仕事に入るのだが、それ以降はその日のことは
よく覚えていないのだ。やはり、そこそこ緊張していたのだろう。
いろいろ、写真を見せてもらったり、カメラを見せてもらったり
したような気がするのだが、それは定かではない。

次回からは、ド素人がどのようにして写真を思えて行ったのかを
書いてみようかと思っている。
[PR]
by covaemon | 2004-11-17 23:08 | 写真 | Comments(0)